BNCTプラザ


ごあいさつ

浜 幸寛
江戸川病院 放射線科部長

病院設置型BNCTsystem導入の骨子 当院では、癌病巣には大量の放射線を照射し、正常組織には極力放射線を当てないという大局的な目標を達成するため、「ピンポイント」放射線治療の専用機TomoTherapy®を3台導入し、強度変調放射線治療(IMRT)、定位的放射線治療(SRT)を行っています。

画像誘導放射線治療(IGRT)が装備されていることもあり、体表から視認できない病巣を正確に捉え、腫瘍の形状に合せたオーダーメードの放射線治療が可能となっています。 しかし、肉眼的に捉えられるマクロの腫瘍に対してピンポイント照射は可能でも、分子や細胞レベルでのピンポイント照射は不可能でした。

BNCTは、特定の分子、細胞を標的に出来ることから、ミクロのピンポイント放射線治療を可能にしています。ミクロのピンポイント放射線治療は、これまで治療に難渋してきた神経膠芽腫やパンコースト腫瘍、さらには一度放射線治療を行った後の再照射を可能にし、根治的放射線治療だけではなく緩和的放射線治療においても有用な治療手段になり得ると期待しています。

また、原子炉等を使用せず加速器によるシステムは安定稼働、管理の容易さを可能にします。
さらに、固形のリチウムターゲットを用いたライナックが基本構造であるため、医療者への被曝や汚染を最小限に抑えるだけでなく、「環境や近隣住民の方々への配慮」が施されていることも治療を行う上で重要な要素であると考えます。