BNCTプラザ


頭頸部とは

頭頸部とは、顔面から頸部までの部分を指します。
その範囲は頭側では脳の下側まで、体に近い方では鎖骨までの範囲を指します。
この範囲に含まれる、鼻、口、のど、上あご、下あご、耳などの部分にできるがんを頭頸部がんといいます。
頭頸部癌を外科手術で対応した場合、機能や外見が損なわれます。





頭頸部がんの分類

副鼻腔上顎洞癌
口腔舌癌、口腔底癌、口腔粘膜腫瘍、歯肉癌、頬粘膜癌
咽頭上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌
喉頭喉頭癌
唾液腺耳下腺癌、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍
頸部甲状腺癌、原発不明癌
聴器外耳癌、中耳癌




口腔癌

口腔に発生する癌のことを口腔癌といいます。
口腔の癌は、70%以上が舌癌と口腔底癌です。





咽頭と喉頭の違い

喉頭は喉仏のあたり(喉の手前の部分)、咽頭はその後ろ側の食道につながる部分です(喉の奥の部分)。
喉頭と咽頭の違いについて詳しく




咽頭に発生する癌のことを咽頭癌といいます。
喉頭に発生する癌のことを喉頭癌といいます。





咽頭部癌

部位により3つに分かれます。
・鼻腔から口腔上部までの癌を上咽頭癌。
・口腔奥部の癌を中咽頭癌。
・口腔奥下部から食道上部までの癌を下咽頭癌。

咽頭に発生する癌のことを咽頭癌といいます。





唾液腺癌

唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺や小唾液腺)に発生する癌のことをいいます。
耳下腺での発生率が最も高く64~80%です。

耳下腺で発生する癌のことを、耳下腺癌といいます。

BNCTで局所再発頭頸部がんの治療

局所再発頭頸部がんは、BNCTで治療効果が見込めます。

BNCTの治療の仕組みはこちらをクリックしてください。

BNCTの仕組み