BNCTプラザ


喉頭と咽頭の違い

のどの役割は空気と食べ物を通すことです。

中咽頭は両方の役目をします。

中咽頭を過ぎると、喉頭と下咽頭に分かれます。

空気は喉頭から、気管、肺へと送られます。
食べ物は、下咽頭から、食道、胃へ送られます。



喉頭は喉仏のあたり(喉の手前の部分)、咽頭はその後ろ側の食道につながる部分です(喉の奥の部分)。







喉頭とは

喉頭とは、空気の通り道(気道)です。甲状軟骨・喉頭蓋軟骨など六個の軟骨で囲まれている気道の一部で、中央部に声帯があります。

喉頭には、「発声」、「誤嚥防止」、「気道の確保」の役割があります。




喉頭にできた癌を喉頭がんといいます。



喉頭がん について詳しく




咽頭とは

咽頭とは、鼻腔や口腔の奥にある管状の部分で喉頭や食道につながります。

咽頭は部位により3つに分けられます。

・上咽頭(鼻の奥に見える)
・中咽頭(口の奥に見える)
・下咽頭(中咽頭から食道につながる部分)

それぞれの役割は、下記になります。
・上咽頭(呼吸、耳圧の調節)
・中咽頭(呼吸、嚥下、構音)
・下咽頭(嚥下)

咽頭には、咽頭扁桃や口蓋扁桃、“のどちんこ”と呼ばれる口蓋垂などが含まれます。




咽頭にできた癌を咽頭がんといいます。



咽頭がん について詳しく





喉頭・声帯を摘出した場合の発声

喉頭・声帯を摘出すると、今までのように声を出せなくなります。

喉頭を摘出した後の発声法には、主に下記の3つがあります。

・食道発声法
・電動式人工喉頭(電気喉頭)
・シャント発声法

喉頭(声帯)摘出後の発声について詳しく



喉頭癌または咽頭癌で
「声帯を切除する」可能性のある方BNCTなら「声を失うことを免れる」可能性があります。

喉頭(声帯)の切除とBNCT



喉頭を全摘出した場合の後遺症


喉頭を摘出した場合、「話す」「呼吸する」「食べる」といった機能が影響を受けます。

声帯を摘出してしまうと、声を出せなくなります。

呼吸は、首の付け根から気管へ穴を開け、管を通して空気の通り道を確保します。「永久気管孔」といいます。
永久気管孔は穴が開いたままです。

お風呂に入るときは、穴から水が入らないように、つかるのは胸までです。

気管孔には、ほこりや煙草の煙が入らないようマスクのようなプロテクターを付けます。
喉頭を摘出するため、鼻をかんだり、においをかいだりすることができなくなります。

飲食物は、口、喉頭、食道、胃へと送られます。




BNCTでのどの癌の治療

喉頭癌や下咽頭癌で、「喉頭(声帯)を切除」する可能性のある方。
BNCTの治療をご検討ください。

BNCTは、放射線治療後に再発した癌、浸潤した癌も適応です。
「声帯の切除を免れる」可能性があります。



喉頭癌(こうとうがん) について詳しく



咽頭癌(いんとうがん) について詳しく