BNCTプラザ


耳下腺とは

耳下腺は耳の下にあります。
唾液を作る唾液腺の中でもっとも大きなものです。
耳下腺は最大の唾液腺であり、三角形を呈し外耳道の前下方にあり、下顎は下顎角に達します。





耳下腺癌・耳下腺腫瘍・唾液腺腫瘍とは

唾液腺腫瘍(だえきせんしゅよう)とは、唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺や小唾液腺)に発生する腫瘍のことです。
唾液腺腫瘍の中で、発生頻度が最も高いのは耳下腺癌で、60%から80%です。次に頻度が高いのが顎下腺癌です。

2005年に改定された唾液腺腫瘍のWHO分類が用いられます。良性が10種類、悪性は23種類に分類されています。

良性腫瘍、悪性腫瘍(癌腫、悪性リンパ腫など)のいずれも発生し、良性腫瘍の一部は癌化する事があります。
発生場所により、耳下腺良性腫瘍、耳下腺癌、顎下腺悪性リンパ腫などにわけられます。

『昔話の「こぶとりじいさん」は耳下腺癌だった??』



耳下腺がんで
「顔面の神経を摘出」する方BNCTの耳下腺がん治療をご検討ください。

BNCTで耳下腺癌・耳下腺腫瘍・唾液腺腫瘍の治療

耳下腺癌の手術
耳下腺癌の治療は基本的に手術です。
進行度によっては、放射線治療なども併用します。

耳下腺癌が再発した場合も、第一選択肢は手術です。

ただし、手術の場合、顔面の神経の取扱いが重要です。
顔面の神経を切除する場合、再建が行われる場合もあります。



BNCTで耳下腺癌の治療

BNCTとは、正常な細胞へのダメージを抑え、
癌細胞のみを選択して死滅させる治療法です。
正常な細胞はそのまま残ります。

BNCTは耳下腺癌・唾液腺腫瘍のように、体表に近い部位の癌に効果を発揮します。
BNCTで治療効果が見込めるかもしれません。

BNCTの治療の仕組みはこちらをクリックしてください。

BNCTの仕組み