BNCTプラザ


中皮腫とは

中皮腫(ちゅうひしゅ、英: Mesothelioma)とは、中皮細胞から発生する癌のことです。良性のものと悪性のものがありますが、一般的には悪性のものをいいます。




中皮腫の疫学

中皮腫は、多くの場合、石綿(アスベスト)を吸ったことにより発生します。

アスベストを吸ってから中皮腫が発生するまでの期間はとても長く、20~50年といわれています。
悪性中皮腫は早期発見が難しく、進行した状態で見つかる事も多く、予後はきわめて不良です。
一般的に、中皮腫の治療法には外科手術、抗がん剤治療、放射線治療などがあります。


アスベスト(石綿)とは
石綿の繊維1本は、髪の毛の数千分の1程度と極めて細い。
安価で、耐久性、耐熱性に優れていたことから、
建築資材、保温材等で使用されてきました。
しかし、空中に飛散した石綿線維を、長期間、大量に吸い込むと、中皮腫、肺癌を発症する恐れがあります。

BNCTで中皮腫の治療

BNCTは、体表に近い部位の癌に効果を発揮します。
中皮腫はBNCTでの治療効果が見込めるかもしれません。

BNCTの治療の仕組みはこちらをクリックしてください。

BNCTの仕組み