BNCTプラザ


耳癌、外耳癌、耳介癌、中耳癌、聴器がんとは

耳にできる癌を「聴器がん」といいます。
できる場所によって分類されます。


耳介がん

耳介(じかい)または耳殻(じかく)は、
外耳道より外に付着した、皮膚と軟骨より形成される突隆している外耳の部分をいいます。

耳介癌、耳殻癌は、
外から見えるので、
早期発見をしやすい癌です。





外耳がん

外耳(がいじ)とは、耳の構造のうち耳介(耳殻)と外耳道を合わせた部分をいいます。
一般的な言葉で言うと(外から見える)耳と耳の穴のことです。
外耳にできる癌のことを外耳癌といいます。

外耳道の奥以外は、
外から見えるので、
癌の早期発見をしやすいです。





中耳がん

中耳とは、耳の鼓膜から奥のことをいいます。
中耳は鼓膜と鼓室、鼓室と鼻腔を結ぶ耳管のことをいいます。
鼓膜から内耳へ空気の振動(音など)を伝えます。
中耳にできた癌のことを中耳がんといいます。
耳の奥の癌(中耳癌・内耳癌)は、外耳癌と比べ予後が悪い傾向があります。





内耳がん

内耳とは、耳の最も奥の部分のことをいいます。
鼓膜から内耳へ空気の振動(音など)を伝えます。
内耳は、中耳のさらに奥にある器官で、頭蓋骨の中にある複雑な形の腔の中に、
聴覚や、平衡感覚をつかさどる三半規管、前庭(ぜんてい)の機能からなります。
内耳耳にできた癌のことを内耳癌といいます。
耳の奥の癌(中耳癌・内耳癌)は、外耳癌と比べ予後が悪い傾向があります。

脳に近い部分の癌なので、
顔面麻痺などの症状が出ることがあります。



耳癌、外耳癌、耳介癌、中耳癌、聴器がんの症状

・耳の痛み
・耳からの出血
・耳垂れ(耳から分泌物がでる)
・難聴・聞こえにくい
・耳鳴り
・耳の違和感
・耳の圧迫感(ふさがった感じ)
・顔面麻痺(中耳癌、内耳癌に多い)
・脳の障害(中耳癌、内耳癌に多い)

初期には自覚症状がなかったり、中耳炎と勘違いすることもあります。
外耳にできる腫瘍であれば、気づくこともあります。

耳の癌で
「聴力を失う」可能性のある方BNCTによる癌治療をご検討ください。

BNCTで耳癌、外耳癌、耳介癌、中耳癌、聴器がんの治療

初期の耳介癌であれば、手術により切除します。


聴力を失う可能性のある方は、BNCTによる治療をご検討ください。
BNCTなら治療効果があるかもしれません。

BNCTは体表の癌に高い治療効果を発揮します。
BNCTで耳癌、外耳癌、耳介癌、中耳癌、聴器がんの治療効果が見込めるかもしれません。

BNCTの治療の仕組みはこちらをクリックしてください。

BNCTの仕組み