BNCTプラザ


BNCTの概念



BNCTは、「Boron:ホウ素」「Neutron:中性子」「Capture:捕捉する」「Therapy:療法」の頭文字から成っています。
日本語では「ホウ素中性子捕捉療法」といいます。



BNCTでは、がん細胞に取り込まれやすいホウ素化合物を使用します。
そのため、癌細胞を選択して破壊する治療法といえます。

■細胞選択的
BNCTは癌を細胞単位で選択し破壊します。そのため正常細胞には影響は少なくなります。

■領域選択的
「放射線治療(陽子線・重粒子線含む)」では、正常細胞とがん細胞が同じような影響を受けます。
そのため、正確に照射領域を決定し、正常な細胞にダメージを与えないことが重要になります。

※「放射線治療(一般放射線治療・陽子線・重粒子線含む)」では、がん細胞と正常細胞の区別ができません。
 よってBNCTは身体への負担の少ない癌治療といえます。




ホウ素化合物

*「ホウ素化合物」はBNCT専用に合成されており、癌細胞に選択的に取り込まれます。
生成するときに得られたエネルギー(2.33MeV)を全部細胞に伝達して使いきってしまいますので、がん細胞に大きなダメージを与え死滅させる事が出来ます。正常な細胞では、エネルギーの低い中性子(~0.025ev)は殆ど影響も与えず通過していきます。

※要注意:この際、速中性子が含まれると、正常細胞への悪影響が発生します。 こういった仕組みであるため、BNCTは正常細胞には影響が少なく癌細胞のみを死滅させるがん治療法です。