BNCTプラザ

BNCTの適応





BNCTの治療・適応

BNCTでできる治療の範囲は、体表に近い部位の広範囲な癌、浸潤癌、放射線治療後の再発がん等です。
主に下記が、BNCTの治療対象です。
脳腫瘍、悪性脳腫瘍、神経膠腫、膠芽腫、皮膚癌、皮膚の悪性黒色腫・メラノーマ、局所再発頭頸部がん については、特に高い治療効果が見込めます。


脳腫瘍・神経膠腫・膠芽腫

皮膚がん

悪性黒色腫・メラノーマ

頭頸部がん

口腔がん

舌がん

咽頭がん

喉頭がん

甲状腺がん

耳下腺がん

外耳がん・中耳がん

乳がん・炎症性乳がん

肝臓がん

肺がん

大腸がん

中皮腫



 中性子線は体の中に入ると、体内の水素原子などに当たりながらエネルギーを失います。
 BNCTは脳腫瘍、悪性脳腫瘍、神経膠腫、膠芽腫、頭頚部がん、皮膚癌、悪性黒色腫・メラノーマ、舌がん、口腔がん、耳下腺がんなど、体表に近い部位の癌に効果を発揮します。


 BNCTの適応は、腫瘍の種類や症状によって変わります。
 腫瘍へ、どの程度、ホウ素化合物が取り込まれるかが、重要な要素です。



BNCTの治療効果は、腫瘍の大きさや位置によって異なります。
治療効果が望めない場合もあります。




BNCTによる脳腫瘍・悪性神経膠腫・膠芽腫の治療イメージ








深部の臓器とBNCT

BNCTは、体表に近い癌を対象としています。
身体の深部の臓器については、手術を併用することにより、BNCTが可能となる場合もあります。





広範囲に転移している場合は、BNCTの治療対象外です。

腫瘍が広範囲に転移している場合は、BNCTの治療対象外です。

BNCTは局所療法のためです。
局所療法とは、外科手術、放射線治療のように、病巣やその周辺を直接治療することをいいます。

進行度によっては、緩和医療へ移行するかもしれません。
緩和医療・ホスピスについて詳しく。


「声帯を切除する」可能性のある方BNCTで「声を失うことを免れる」可能性があります。

喉頭(声帯)の切除とBNCT



喉頭を全摘出した場合の後遺症


喉頭を摘出した場合、「話す」「呼吸する」「食べる」といった機能が影響を受けます。

声帯を摘出してしまうと、声を出せなくなります。

呼吸は、首の付け根から気管へ穴を開け、管を通して空気の通り道を確保します。「永久気管孔」といいます。
永久気管孔は穴が開いたままです。

お風呂に入るときは、穴から水が入らないように、つかるのは胸までです。

気管孔には、ほこりや煙草の煙が入らないようマスクのようなプロテクターを付けます。
喉頭を摘出するため、鼻をかんだり、においをかいだりすることができなくなります。

飲食物は、口、喉頭、食道、胃へと送られます。




BNCTでのどの癌の治療

喉頭癌や下咽頭癌で、「喉頭(声帯)を切除」する可能性のある方。
BNCTの治療をご検討ください。

BNCTは、放射線治療後に再発した癌、浸潤した癌も適応です。
「声帯の切除を免れる」可能性があります。



喉頭がん(こうとうがん) について詳しく



咽頭がん(いんとうがん) について詳しく