BNCTプラザ

病院に設置できる加速器の開発により
BNCTによるがん治療が
現実になりました。



BNCTとは

  • BNCTの概念

    BNCTは、「Boron:ホウ素」「Neutron:中性子」「Capture:捕捉する」「Therapy:療法」の頭文字から成っています。
    日本語では「ホウ素中性子捕捉療法」といいます。

    BNCTでは、がん細胞に取り込まれやすいホウ素化合物を使用します。
    そのため、癌細胞を選択して破壊する治療法といえます。

    ■細胞選択的
    BNCTは癌を細胞単位で選択し破壊します。

    BNCTと加速器

    病院に設置できる「加速器」の開発により
    BNCTによるがん治療が現実のものとなりました。

    これまで、BNCTは、限られた「原子炉」施設で研究されてきました。
    「原子炉」の使用が、一般の医療機関で行える、がん治療法として普及させる事は不可能で、大きな課題となっておりました。

    BNCTでは「原子炉」ではなく、「加速器」を使用します。
    「加速器」を用いた中性子源の開発が進められ、現実のものとなっております。

    BNCTと放射線治療

    放射線治療は、陽子線治療や重粒子線治療、定位放射線・マクロ的ピンポイント照射など大きく進展しました。

    X線、重粒子線、陽子線は、照射の必要が無い正常な細胞へも影響を与えます。

    BNCTは、正常な神経細胞を保護し、がん細胞を選択して、ミクロン単位で一つ一つ死滅させる治療法です。